Taisuki Café

台湾が大好き♡

晴光市場の絶品意麺とやみつきサクふわドーナツ:市場で台湾を満喫しましょう


台湾は、とても一人旅に向いている場所だと思っています。
特に食べ歩きが好きな人にはパラダイス。


台湾の一人暮らし用のアパートの多くは、ベッドとあと少しのスペースがあるくらいのワンルームで、そこにトイレとシャワールームという間取りです。キッチンがないという部屋も一般的で、食事は外でとるという人も多く、「1人外食」がとてもしやすい環境が整っています。1人鍋屋さんから、定食屋さん、日本から来た牛丼チェーン店までもあり、さらにレストランでおひとり様というのは台湾ではごく当たり前の風景なので、誰にも気兼ねすることなく、一人での食事を満喫できます。

台湾グルメについて話すときに、欠かせないのが「小吃(シャオチー)」です。小吃を、日本語に訳すと「軽い食事、おやつ、スナック」などになるのですが、麺とか餃子とか、魯肉飯なども小吃にカテゴライズされます。リーズナブルでさっと食べられる料理やおつまみ、B級グルメ的なものを小吃と呼ぶような感覚です。小吃は食事らしいものだけでなく、デザート類も含み、例えばお饅頭やドーナツなども小吃と言えるでしょう。これからこちらのコラムでは、台湾に住む日本人アラサー女子が、台湾の街をふらりと歩き出会ったお気に入りの小吃を紹介していけたらと思います。

私が一人飯スポットとしてよく利用するのは、MRT中山國小駅から少し歩いたあたりにある「晴光商圏」です。私はお隣の駅、民權西路駅周辺に住んでいるのですが、晴光商圏は民權西路からも徒歩圏内で、一人ランチなどであれば、自然と足が晴光商圏に向いてしまいます。民權東路から最近人気のおしゃれホテル「台北中山雅樂軒酒店(アロフト台北中山)」の角を曲がって、雙城街に入るのが私のお決まりの行き方です。そのまま雙城街をまっすぐ進むと、台北でも珍しい24時間営業の夜市「雙城街夜市」が見えてきます。全ての屋台や店が24時間営業というわけではありませんが、どこかの店が朝ごはんの営業を終えれば、次はお昼時にオープンする店が始まったり、夕方から開始する屋台があったりと、どこかしら店が開いています。

そして、雙城街夜市の真ん中あたりに「晴光市場」へと続く小道があります。晴光市場は60年以上もの歴史を持つ伝統市場で、老舗の八百屋、肉屋、魚屋などが並び、生活雑貨屋、衣料品店などもある、この辺りに住む人々の生活には欠かせない場所です。戦後、この辺り一帯は、米軍専用のレストランやバーなどがあったエリアでもあり、その当時に創業した外国のアンティーク雑貨を扱う装飾品店もあります。「雙城街夜市」と「晴光市場」を含む一帯を「晴光商圏」と呼びます。

私は晴光市場の中にある小さな時計店に、腕時計のメンテナンスをお願いすることが多く、腕時計を取りに行くついでや、郵便局に行ったついでなど、ふらりと晴光商圏に立ち寄り一人飯を楽しみます。晴光市場は、食材や日用品が購入できるだけではなく、美食の宝庫としても知られ、店舗がひしめく小さな路地の中には、長い間地元の人から愛され続けているおいしい小吃の店も数多くあるのです。

おいしくて、ちょうどいい「晴光意麵」

晴光市場の精鋭ぞろいの小吃の中でも、私が足繁く通ってしまうのが「晴光意麵」です。晴光市場の中でも農安街に近い場所にあります。

市場の通路沿いの、見た感じ一畳分くらいしかない小さな厨房で、途切れることなく訪れるお客さんの注文を見事にさばいています。付近にいくつか簡易テーブルと丸椅子が置かれ、注文をしたら空いている席を探します。人通りの多い市場の通路脇で、食事をするなんて……と、躊躇してしまうかもしれませんが、これが台湾の日常。堂々と座って、おいしく料理を堪能しましょう。そして相席も当たり前。カバンや荷物はできるだけ椅子に置かず、他のお客さんと譲り合って行儀よく座るのが暗黙のルールです。

晴光市場の通路沿いの「晴光意麵」
「大同電鍋」の中でじっくり煮込まれる柔らかな煮豆腐。
私の定番、乾意麺+魯蛋

私のいつものメニューは「乾意麺(汁無し麺)」35元に「魯蛋(煮卵)」10元を追加トッピング。合わせて45元の一人飯です。「意麺」というのは、水を入れる代わりに卵をたっぷりと使用した麺で、しっかりとしたコシがあるのが特徴です。

意麺発祥の地と言われる台南では、出来上がった意麺を長期保存用に揚げる場合もあります。「晴光意麵」の意麺は、少し平たい縮れ麺。時間をかけてじっくりと煮込んだ秘伝の肉そぼろソースと麺をしっかり混ぜていただきます。醤油ベースの肉そぼろは、香辛料などのクセがあまりなく、台湾小吃ビギナーにもうれしいシンプルな味わいです。アクセントに葱油の風味がよく効いているのもたまりません。大きすぎず、小さすぎないサイズの麺によく味の滲みた煮卵を合わせたら、私の胃袋にはちょうどいい一人飯です。

ピリ辛好きさんは、お店秘伝の唐辛子ソースを数滴加えて食べるのがオススメです。歯磨きコップのようなプラスチックのコップに入った唐辛子ソースは、1つか2つしか用意されていないので、お客さん同士で「あ、すみません」と言いながら隣のテーブルに置かれた唐辛子ソースを借りてくる様子を見ると、なんだかほっこりした気持ちになるものです。麺類の他にもスープで茹でた青菜や煮豆腐もあって、とくにかく何を食べてもおいしい、台湾小吃の代表のようなお店です。

意麺にビッタリ!唐辛子ソース(辣椒醬)
正宗晴光意麵創始店
場所:台北市農安街2巷(晴光市場9號攤位(9番屋台))
電話:(02)2594-9470
時間:10:00~19:30

 

一度食べたらやみつきになるサクサク食感「脆皮鮮奶甜甜圈」

意麺を食べて、「吃飽了(お腹いっぱい)」になっても、晴光商圏に来たら、絶対に外せない、私の大好物の小吃のお店に行くのがマイルールです。台湾グルメが好きな人なら知らない人はいないと言っても過言ではない「脆皮鮮奶甜甜圈」、私はこの店のドーナツの虜なのです。以前は、晴光市場内の小さな場所にありましたが、数年前に、市場から近くの新築マンションの1階に立派な店舗を構えました。

私と「脆皮鮮奶甜甜圈」の出会いは、台湾に住み始めた頃、台北駅近くの太原路の方に支店があり、そのあたりを通りかかった際に台湾人の夫が連れて行ってくれました。その時に食べたサクサクふわふわのドーナツのおいしさが衝撃的すぎて、いまだにこの「脆皮鮮奶甜甜圈」のドーナツは私の好きな台湾小吃ランキングのトップを独走しています。

ドーナツを彷彿とさせる丸いアーチに、見落とすことができないほどの大きな文字で「脆皮鮮奶甜甜圈」。この印象的な店構えは一度見たら忘れませんね。運悪く、タイミングが外れると数十分並ばないと購入できないほどの人気のドーナツで、私は平日の昼下がりなど、空いている時間を狙って訪れます。絶対に食べてほしいメニューは「脆皮鮮奶甜圈(原味)」25元。これがお店の看板メニューです。他にも色々な味のバリエーションがあり、今までに何回か浮気して試してみましたが、やっぱり最後は「鮮奶」に戻って、もうかれこれ5年ほど浮気せずに、一途に思い続けています。

噂の!「脆皮鮮奶甜甜圈」

なぜこんなにもここのドーナツに惚れ込んでいるのか、他のドーナツと比べて何が違うのか、と気になるところですが、騙されたと思って食べてみてください。今まで食べたドーナツの概念が覆ります。ふわっとしたパン生地のドーナツにさらに衣を付けて油で揚げていて、例えるならドーナツ天ぷら。そこに絶妙な比率で配合されたミルクパウダーと砂糖をたっぷりまぶしています。サクッと音が聞こえるほどのカリカリ具合に、口いっぱいに広がる甘くてミルキーな味わい。一度食べたら夢にまで出てきてしまうほどのおいしさです。

そのおいしさの虜になって、思わず夜食に、明日の朝用にと大量に買い込みたくなりますが、それは禁物。その時食べる分だけを買うのが一番おいしい食べ方です。このおいしさの秘訣であるカリカリ具合は、もって数時間、一晩おくとカリカリ感が消えてしまって、おいしさが半減、いや10分の一くらいになってしまいます。(それでも買い込みたかった時の私の荒業は、翌日食べる前にオーブントースターで少しあぶること。サクサク具合が戻ってきて、おいしさがよみがえりますが、それでも出来立てにはかないません。)

先日、まだこのドーナツを食べたことがないという台湾人の友人をこの店に案内して、強制的に私のオススメのドーナツを食べてもらったところ、やはりこのドーナツの虜になってしまい、なんと翌日にも自分で買いに行ったそうです。一度食べたらやみつきになってしまう「禁断のドーナツ」とも言えるかもしれませんね。

晴光商圏には、小吃だけでなく、ブランチのおいしいカフェや唐揚げが絶品のカレー屋さん、人気のカラフルドリンクのお店などが集まり、胃袋が何個あっても足りないほどです。ぜひ体調を万全に整えてから晴光商圏を訪れて、思う存分台湾グルメを楽しんでみてください。

台灣人ㄟ脆皮鮮奶甜甜圈 Taiwanese donuts 晴光總店
場所:台北市雙城街17巷24號
電話:(02) 2550- 9914
時間:11:00~19:30

寄稿者情報

MIKIKO
台湾在住6年。台湾情報を伝えるライター.ブロガーとして幅広く情報を発信。美味しいものや目新しいものが大好きで、台湾全土のローカルフードやトレンドグルメを食べ歩いている。台湾人よりも台湾のグルメ情報に詳しい、と言われるほどのくいしんぼう女子。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして!Twitterフォローさせて頂きました、ちびみかです!今度一人旅で初めて台湾に行くので、ごはん屋さんなどとっても参考になります(><)✨空港から電車でどのくらいなどありましたら、良かったら情報乗せてもらえると嬉しいです!

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top