Taisuki Café

台湾が大好き♡

台北市一標高の高い七星山主峰へ

今回の写真は台北市一標高の高い七星山主峰(標高1,120m)の山頂標識です。

台北市内で唯一の一等三角点があるこの山には、私は春夏秋冬季節を問わず、友人と都合がつけば毎週末早朝登りに来ています。登っている回数では象山よりもこちらのほうが多いでしょう。
また登山の際の注意事項としては、台北市内とはいえ山の天気は変わりやすいので、いつも雨具を持っていくようにしています。悪天候時、特に雨が降っているときの風の強さはなかなかのものがあります。

北側の登山口である小油坑口に下りたならば、せっかくなので108のバスに乗って冷水坑にある無料温泉(全裸)に入るのもいいですね。ただしここは清掃の関係で閉まっている時間帯もあるので、開館時間をあらかじめネットなどで調べておくのがよいですね。

寄稿者情報

熊谷俊之
1971年栃木県生まれ。1991年9月に国立台湾師範大学語学センターへ留学して以来、人生の半分は台湾で過ごしている。広告・雑誌など多方面にわたり、スチールカメラマンとして活躍中。また今日まで20年にわたる歴代の台湾総統を撮影している。ここ数年は玉山(ニイタカヤマ)に登ったことがきっかけとなり台湾の高山に魅力を感じ、台湾百名山のうち21座を走破中。玉山登頂(3,952m)、日月潭横断遠泳(約3㎞)、自転車での台湾一周(約1,200㎞)も達成。国立台湾大学文学部人類学科卒。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top