Taisuki Café

台湾が大好き♡

「幽玄」そのもの:台北陽明山の夢幻湖

前回までは台北市南東部に位置する象山付近をご紹介してきましたが、これからは台北市北部に位置する陽明山国家公園をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、台北一標高の高い七星山へ登る際、道半ばで鑑賞できる標高約850mに位置する「夢幻湖」と言われる小さな湖です。

この湖には、士林夜市へ行く際利用するMRT劍潭駅から「小15」のバスに乗って「冷水坑」まで行き、そこから夢幻湖停車場を通って少し急な階段を登っていきます。少し息絶え絶えになりながらなんとか平坦な道に出たのち、そこを左折して少し歩くと右側に見えてきます。

また意外と思われるかもしれませんが、ここに生えている台灣水韭は世界中でここだけにしか生息していない、とても珍しく貴重な水韭です。

陽明山は近くにいくつか無料温泉もありますので、一汗かいたあと温泉に入るものまた乙ですね。

寄稿者情報

熊谷俊之
1971年栃木県生まれ。1991年9月に国立台湾師範大学語学センターへ留学して以来、人生の半分は台湾で過ごしている。広告・雑誌など多方面にわたり、スチールカメラマンとして活躍中。また今日まで20年にわたる歴代の台湾総統を撮影している。ここ数年は玉山(ニイタカヤマ)に登ったことがきっかけとなり台湾の高山に魅力を感じ、台湾百名山のうち21座を走破中。玉山登頂(3,952m)、日月潭横断遠泳(約3㎞)、自転車での台湾一周(約1,200㎞)も達成。国立台湾大学文学部人類学科卒。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top